ニュース

ニュース

違反対象物公表制度について

違反対象物公表制度について

建物には、規模や用途に応じて、消防法令により消防用設備の設置が義務付けられています。
 テナント入れ替えや増改築工事等により新たに必要となる消防用設備が設置されておらず、消防の立入検査で不備が指摘され、「違反対象物公表制度」により公表されるケースがあります。
 テナントに新たに入居をお考えのかた、建物の増改築をご計画のかたは、あらかじめ消防に相談し、必要な届出をしてください。
 なお、所轄の消防についてはこちらをご参照ください。
 本協会では、消防設備の設置に伴う資金についても受け付けていますので、お気軽にご相談ください。

リーフレット
一般のかた向け 金融機関融資担当者向け