ニュース

ニュース

名古屋税理士会の研修会に講師として参加しました。

名古屋税理士会の研修会に講師として参加しました。

令和2年11月18日(水)に、名古屋税理士会が開催した研修会「信頼性の高い決算書を基にした関与先の金融支援」に、連携機関である本協会も講師として参加しました。この研修会は、リアルとリモートの両面で開催され、リモートを含めると500人を超える会員税理士のかたが受講されました。
 第1部では、税理士の先生が講師となり、信頼性の高い決算書を提供することの重要性を説明され、第2部で、本協会職員から、信用補完制度やコロナ関連の保証制度等に関して説明させていただきました。
 第3部として、アフターコロナを見据えた支援について、税理士の先生とディスカッション形式の講義を行いました。ディスカッションを通して、アフターコロナでは金融支援が重要であることは変わらないものの、長引くコロナの影響を踏まえたうえで、資金繰りの把握、経営改善計画の策定等が重要になってくることが浮き彫りとなりました。
 受講された税理士のかたからは、「プロとして、信頼性の高い決算書を作ることの重要性とその責務を再確認することができた。」「アフターコロナでは、事業者の身近な存在である税理士のサポートが一層重要になることが分かり、身が引き締まる思い。」等の感想をいただきました。
 今後も名古屋税理士会および会員税理士の先生方との連携を強化し、中小企業の経営支援について一層推進していきます。