がんばる企業のご紹介

がんばる企業のご紹介

第5回

第5回

「がんばる企業のご紹介」第5回目は…
 経営が安定しづらい創業期を乗り越えながら、個人事業から法人化し、新店舗の出店も経験された飲食店経営者のかたをご紹介します。

「人」の大切さに改めて気づき、感謝の気持ちでいっぱいです!

株式会社Joyss

代表 喜多 智則
業種 遊興飲食店
創業年月 平成24年10月
住所 「岡崎にこにこ餃子」
岡崎市明大寺本町4-29 (SPビル2F)
営業時間:17時から翌1時

「刈谷にこにこ餃子」
刈谷市桜町2-32-1
営業時間:17時から0時
定休日 年末年始(不定休日あり)
【取材日】H30.5.15 【取材者】企画部企画課 石川、上床

Q:事業の内容やこだわっていることを教えてください。


秘伝の“羽根付きひとくち餃子”をメインに、バルメニューも充実した居酒屋「にこにこ餃子」を、名鉄東岡崎駅とJR刈谷駅の近隣で2店舗経営しています。
餃子は、多くの人に親しまれ、好まれていますが、食べられるお店は、ラーメン店や中華料理店のイメージが強いと思います。「にこにこ餃子」では、お洒落な店でこだわりの“羽根付きひとくち餃子”をご提供しています。

Q:創業してよかったことは何ですか。

責任やプレッシャーは大きいですが、良くも悪くも自分の思ったように出来ます。
また、スタッフの成長も大きな喜びです。長く働いてくれたスタッフは、最初感じた印象から、見違えるほどに成長することがあります。お客様への感謝の気持ちが高まったと言いましたが、これはスタッフにも言えることで、「人」に対する思いは、本当に強くなりました。
「人」がいないと成り立たない職業。人が一番大切です。

これから創業されるかたへのアドバイスをお願いします

私自身、創業前に“経営者”の気持ちになって仕事に取り組みましたが、創業を決意したときに、気持ちを切り替えることは大切だと思います。ただし、実際に経営者になると、想像とは違い、頭の中で考えていたことでは全然足りませんでした。やってみないと分からないこともたくさんありますので、「踏み出す」勇気を持つことも大切だと思います。
経営者は「孤独」です。自分の思ったとおりにできる一方で、全ての責任とプレッシャーを自身で受け止めなければなりません。私が経営者として、苦しいときに踏ん張れているのは、きつく苦しい修業時代を乗り越えた経験があるからだと思います。当時は、寝る時間もなく、泣きたい気持ちにあることもありましたが、こうした経験がなければ、ひょっとしたら、どこかで気持ちが折れてしまったかもしれません。「苦労は買ってでもしろ」とよく言われますが、本当にそのとおりだと思います。
これから創業されるかたは、今の経験が未来の自分をつくると思い、頑張っていただきたいと思います。