ニュース

ニュース

「TKC中小企業経営支援フォーラム2018」にパネリストとして参加しました。

「TKC中小企業経営支援フォーラム2018」にパネリストとして参加しました。

平成30年8月9日(木)に、税理士らで組織されるTKC中部会による「TKC中小企業経営支援フォーラム2018」が開催され、パネルディスカッション「TKC会計人に期待すること」に本協会職員がパネリストとして参加しました。

フォーラムの冒頭では、木村茂徳会長が「事業性評価を行うために、中小企業の財務内容を開示する観点において税理士に期待される役割は大きく、今後も中小企業の持続的成長に貢献していきたい」とあいさつをされました。
 また、パネルディスカッションでは、TKC中部会 中小企業支援委員会 平井基也委員長のコーディネートのもと、本協会職員がTKCモニタリング情報サービスの利用メリット等についてお話させていただきました。

なお、TKC中部会と本協会とは、平成29年4月に「中小企業・小規模事業者の持続的成長支援に関する覚書」を締結し、相互の連携強化に努めています。