信用保証協会とは


信用保証協会とは

 中小企業・小規模事業者のみなさまが金融機関から事業資金を調達されるとき、その保証人となり、借入をスムーズにする公的機関です。


信用保証制度の仕組み

 信用保証制度とは、中小企業・小規模事業者のみなさまが金融機関から事業資金を調達されるとき、協会が保証人となって借入れをスムーズにし、事業の成長を金融の側面から支援する制度です。

 信用保証制度の仕組みは次のとおりです。

①中小企業・小規模事業者

     金融機関に信用保証委託申込書により申込みをします。

     協会へ直接保証申込みをすることもできます。

     (一部の保証制度においては、愛知県内の市町村の商工担当課、商工会議所・商工会・愛知県商工会連合会でも申込みできます。)

 

②金融機関

     協会に信用保証の依頼をします。

 

③協会

     中小企業・小規模事業者のみなさまの信用調査をします。(保証審査)

 

④協会

     審査の結果、信用保証を適当と認めた場合は、保証を引き受けし、金融機関に対して信用保証書を発行します。

 

⑤金融機関

     信用保証書に基づいて融資をします。

 

  中小企業・小規模事業者

     金融機関を通じて所定の保証料を協会へ支払います。

 

⑥中小企業・小規模事業者

      借入契約にしたがって金融機関へ借入金を返済します。

 

⑦金融機関

      万が一、中小企業・小規模事業者のみなさまが倒産等によって借入金の返済ができなくなった場合、協会に対して残債務の支払いを請求します。

 

⑧協会

      請求に基づき、借入金の残債務を金融機関に支払います。(代位弁済)

 

⑨中小企業・小規模事業者

      代位弁済によって返済義務がなくなるわけではありません。代位弁済後は、金融機関ではなく、協会に返済することとなります。