ご利用のご案内

保証料

保証料について

保証利用の対価として、金融機関を通じて所定の保証料を協会へお支払いいただきます。

協会がいただくのは、保証料だけ(※)です。 用紙代、斡旋料、謝礼金等は一切不要です。

保証料は、借入金額、保証料率、保証期間、返済方法によって決まります。

保証料のお支払方法は、一括と分割があります。分割をご希望のかたは、保証申込時にお申出ください。

※ 借入時には、別途金融機関に支払う利息、契約時の印紙代などが必要となります。

保証料率について

保証料率は、お客様の財務状況に応じ、9段階に区分された弾力料率体系が適用されます。

区分は、中小企業信用リスク情報データベース(CRD)によりお客様の決算内容を評価し、一定の定性要因(非財務要因)を加味して、決定されます。

一般料率

(単位 年率%)

料率区分123456789
保証料率1.901.751.551.351.151.000.800.600.45

ただし、経営安定関連保証(セーフティネット保証)等一部の保証には、一律の保証料率が適用されます。

各保証の保証料率は、保証料率表をご覧ください。

保証料率の割引について

会計参与設置会社に対する保証料割引

会計参与を設置している会社は、保証料率を0.10%割り引きます。

担保割引

弾力料率が適用される保証および一部保証制度において、不動産等の担保を提供いただく場合は、保証料率を0.10%割り引きます。

保証料の計算

保証料は、次の式により計算します。なお、円未満の端数は、切捨てます。

保証料の試算を行う場合は、こちらをクリックしてください。

月数保証(保証期間を月数で定めた保証)の場合



確定日保証(貸付予定日および最終返済期日を定めた保証)の場合




保証料計算イメージ



分割返済回数および返済方法に応じて、次の分割返済回数別係数を適用します。

分割返済回数別係数
回数別区分均等分割返済の場合不均等分割返済の場合
6回以下0.700.77
7回以上12回以下0.650.72
13回以上24回以下0.600.66
25回以上0.550.61

特別小口保険について

保証料率表中の「特別小口保険を適用する場合」とは、次の要件に該当する場合をいいます。

  1. 適用できる場合
    同一都道府県内において1年以上同一事業を営んでいる従業員20人(商業、サービス業5人※)以下で、保証申込以前1年間の所得税、事業税、住民税の所得割を完納した小規模企業者のうち、協会に他の信用保険を付保した保証の取扱いがないかたが無担保無保証人で申込みする場合
    ※ 宿泊業または娯楽業を主たる事業とするものは20人以下
  2. 保険限度額
    1,250万円
  3. 必要書類
    所得税、事業税、住民税の所得割のいずれかの納税証明書または納税領収書の写し
  4. 対象となる資金
    1年以上営んでいる事業に必要な資金に限ります。
    事業の多角化に必要な資金については、対象となりません。