ご利用のご案内

よくあるご質問

Q1. 保証の対象となる中小企業者とは?

愛知県内に事業所を有している個人事業者、会社、医療法人等、特定非営利活動法人(NPO法人)、中小企業等協同組合などです。
詳しくは、こちらをご覧ください。

Q2. 保証の対象となる資金とは?

事業経営に必要な運転資金と設備資金に限られます。
生活資金、住宅資金、投機資金などは、対象となりません。
また、原則として、旧債振替資金(本協会の信用保証付き以外の借入金返済資金)は、対象となりません。

Q3. 一企業の保証の限度額はいくらですか?

一中小企業者がご利用いただける保証の最高限度額は、通常2億8,000万円(組合の場合は4億8,000万円)です。
また、政策による特別な資金を対象とした別枠保証もあります。
なお、各種保証制度はそれぞれ限度額が定められています。

Q4. 担保は必要ですか?

原則として、不要です。
ただし、保証合計額が8,000万円を超える場合または保証期間が10年を超える場合等に、愛知県内所在の不動産、有価証券などの担保が必要です。
(注)保証合計額が8,000万円以下であっても、担保が必要となる場合があります。

Q5. 連帯保証人は必要ですか?

原則として、法人代表者以外の連帯保証人は不要です。
詳しくは、こちらをご覧ください。

Q6. どのような審査がありますか?

原則として申込書類、決算書等に基づき審査を行います。
なお、必要に応じて事業所を訪問し、お話を伺うことがあります。

Q7. 赤字決算でも保証を受けることができますか?

赤字だけを理由に保証をお断りすることはありません。
「赤字の原因を把握しているか?今後の対策を講じているか?」などの経営姿勢も踏まえ、総合的に判断のうえ、保証を決定しています。

Q8. 保証を申込みたいのですが、どうすればよいですか?

本協会の本・支店、愛知県内の金融機関(銀行、信用金庫、信用組合など)、市町村の商工担当課(愛知県小規模企業等振興資金「小口資金」を利用される場合)および商工会議所・商工会・愛知県商工会連合会(愛知県経済環境適応資金「創業等支援資金」を利用される場合)で申込みできます。
詳しくは、こちらをご覧ください。

Q9. 信用保証付き借入金を返済中ですが、追加で借入れはできますか?

信用保証付き借入金を返済中であっても、追加で保証申込みできます。また、複数の信用保証付き借入金を借換えにより一本化し、返済ペースを見直すことで、月々の返済負担の軽減を図ることができます。
なお、ご利用の制度によっては、借換えができない場合もあります。

Q10. 売上が減少して、返済が厳しい状況です。返済額を軽減することはできますか?

今後の事業の見通しなどを伺ったうえで、返済額の軽減をすることができます。
ご相談いただければ、複数の信用保証付き借入金を一本化する借換えや条件の変更など、経営状況に応じた対応をいたします。