信用保証協会とは

責任共有制度について

責任共有制度は、信用保証付き融資について、協会と金融機関とが適切な責任共有を図り、両者が連携して中小企業・小規模事業者のみなさまを支援することを目的としています。

負担割合

原則として、協会が80%、金融機関が20%の割合で責任を共有しています。


責任共有制度

責任共有制度の対象

原則として、すべての保証が責任共有制度の対象となりますが、一部例外的に除外される保証制度があります。

具体的には、次の制度が除外されます。

  • 経営安定関連保証(セーフティネット保証)1号~6号にかかる保証
  • 災害関係保証
  • 創業関連保証(再挑戦支援保証を含みます。)、創業等関連保証
  • 小口零細企業保証 などです。